スモークサーモンを作っているがレモン漬けのあたりから
スモークする必要なくね?という気になってきた。
そのまま食っても腹壊さないし。。。

そしたらスモークサーモン以外にも
日本でいうソフトサーモンとかソフトスモークとか
ようはほぼ生なスモークサーモンはロックスとかグラブラックスと
呼ばれるスモークしないサーモンの保存料理に近いんだよ的な記述がWikipediaだか
なんだかに載っていた。

だから以下のような作り方でいろいろ試した。

40cmくらいのトラウトを用意。
20cm台だと逆にさばきにくい。
30cm台ならまあいける、が40cmあると身的にも大名おろしでも十分とれるからなあ

3枚卸し 皮つけたままでいい(このままだとぐずるし)。鱗も落とさない。だけど血合いは絶対取る。が、皮とっていたがほう臭みとか取りやすいし身全体が締まるしなあ。迷いどころ。

塩漬け(というか塩水漬け) 塩の量と漬ける期間がまだイマイチ。数時間でもいいのだろうけど寝る前に仕込むことが多いので一晩でちょうどいい塩梅を研究したい。

皮剥ぎ ここで締まってはがしやすくなる。骨はとらない。まだ肉にくっついてとりにくい。

レモン、マリネ液、ワイン、漬物漬け このへんはいろいろ試しているが、無難はレモン+マリネ液かなあ。高価。ここは数時間漬けてるが身が白くなっちゃうのでもっと手早くだよなあ。それが逆に面倒。

骨とる ここまでくると骨は肉離れを起こしているので、というか肉が完全に死んでいるので骨がとりやすい。
腹骨が邪魔なんだよねえ。ここまでくると骨抜き使わんでも手でとれる。というか骨抜き使うと逆に骨が切れて、折れて残りやすいので。

つう感じだが。
もっと研究が必要。