1万7000歩。
朝食、天ぷらうどん

昼食、なし

夕食、ナスのカレーライス

40
この横浜産ナス。緑に白に。はじめて見た。カレーにしたが、今度は焼いたり、漬物にしてみよう。

今日は午後の3時から神社めぐり。
平塚から大磯、二宮へと神社チェック。
このあたりも古代の古墳が残っている。

古代のルートを考えると、足柄から酒匂川沿いに下って国府津あたりから海沿いに平塚へとくる、あるいは足柄から伊勢原方面で相模川沿いに平塚へと下る、というのは自然ですよね。
古代の人たちは川沿いに道を作ったりしていたでしょうし。

で、平塚駅を降りて旧東海道沿いに歩く。
このへん歴史観光案内版を見つけたら、さすが宿場町。
いろいろ歴史の跡が残っていて、小さい神社とか多いそうなんですが。。。
01002_R
まずは八王子神社へ寄る。

01007_R
ここの狛犬も蹴鞠と子狛犬がいる。。。なんかこれが狛犬のスタンダードかと思いたくなる。だけど違うよなあ?

で、やっぱりというか、ともかくこれ徳川家康が休憩した場所に石碑立てて、神社にしたそうな。

いや、これも古いですよ、たしかに。
小さくてキレイな神社は好きですし。
だけど求めるのはこういう神社ではないんです。
奈良時代以前。
できれば神代の時代の名残を感じたい。

それがこちら。
01016_R
平塚の塚。
平塚の由来になった遺跡ですね。
桓武天皇の子孫で・高見王の娘政子が東国へ旅をしていたとき、857年にここで亡くなって埋葬された、というお墓なんですが。。。。

Wikiによれば高見王はいなかったのでは?と言われているんですね。いたとしても謎の多い人という。
そもそもなぜ高見王の娘はこんな辺境の地を旅しているんでしょうね。。。。
いやあ、もうワクワクしますね。
高見王はいたのか?
なぜその娘はこんなところに?
私は高見王になんだか徳川家茂とか大正天皇のような影を感じるんですが。。。。。

私は高見王はいて、何らかの理由で歴史から消された、というロマンのある説をとりまする。

01023_R
先に進むと花水川と高麗山。
この特徴ある不思議な丸山というか。
歌川広重も描かずにはいられなかった山です。

その山のふもとにあるのが高麗(高来)神社。
01049_R
国道から鳥居。

01047_R
キレイです。
神社としては神功皇后が朝鮮半島を征伐したときに、武内宿禰が朝鮮の神さまを祀ったというんですけど、実際は渡来してきた高句麗の人たちが神社をつくったんではと言われています。
そんなわけで独特の祭事があるそうです。

個人的には武内宿禰の説だと面白いんですけどねえ。
そうなればもう相模最古の寺になっちゃうw

01037_R
古い社殿と新しい社殿? 2つ大きな社殿が並んでる。
ここから高麗山のハイキングコースに入って、たぶん湘南平に行けます。
湘南平も行ってみたいんですが。

01033_R
おお、ここの狛犬も蹴鞠。。。。
蹴鞠が普通なのか!?

大磯駅に向かっていると旧東海道に入れます。
01052_R
右です。

ここから釜口古墳を目指します。
これが最初は道を間違ってまして。。。

分かりやすい道を紹介します。
01068_R
道を進むと看板が出てきます(爆

そうなんですよねー
看板あるんですよねー
この看板に行く前に路地に入ってしまって、どこに古墳があるのかさっぱりで。
もう最初からそこに行けという。

01067_R
看板に従ってまっすぐ山方面へ。

01065_R
左に。
山道に入ります。

01064_R
ちょっと薄暗いけどすぐです。

01056_R
右手の「住宅」と「住宅」の間にあります。

もう、これも分かりにくい。超隙間古墳です。
こんな古墳の残し方ありかよ!って感じです。

01059_R
どんだけ隙間だよ。もう左右も上も家だよ。

01061_R
これが釜口古墳です。
古墳時代末期の石室と言われています。
相当な有力者の墓では、と言われていて、正倉院とかに収められている遺物と似ているものが出たとか、大陸伝来の遺物が出たという。
すごいですよねえ。

そういえばこのまえ、なんだっけなBS歴史館かなにか見ていたら、最近は東国の豪族も西国とは別に大陸と交流していたのでは、なんていう説もあるそうで、もしかしたら本当に凄い豪族が一大勢力をつくっていたのかも?

あーもう胸アツ!

01066_R
猫に警戒される。

このへん住宅街なんで不審者扱いされないように堂々とふるまいたいものです。

そのまま大磯駅に行って、国道1号に出る。
あとは道沿いにしばらく歩く。
このへんは何度も歩いているのでとくに珍しくもなく、見たいものは見た、というか鴫立庵に行くときはいつも遅い時間で入ったことないんだが。。。。

ともかく進む。
01085_R
松の木は守ってほしいものです。
なんかマンション建設で、一部の松が危ういらしい。
周辺住民がノボリ立てて守ろう運動してました。

守ってほしいですねえ。
歴史の遺物や自然を壊してもねえ、ただのコンクリートの街になっちゃいますから。
東海道の黒松は大磯らしい光景で残したほうがいいと思いますけどねえ。
そのほうが価値があると思いますよ。。。

ずーーーーーっと歩いてたらここでも野菜の直売が。
01086_R
「塩の使っていない梅干し」とは珍しい。
即効で1パック買いました。

これがなかなかで。
素朴なまろやかな酸っぱさというか。
ちゃんと梅干しの味してますし。
優しい梅干しって感じ。
よく梅干しに蜂蜜とかカツオブシ風味とか入れてますが、この梅干しのほうが優しい味です。

01090_R
ずっと進んで県道63号線との合流付近かな?道祖神。

01094_R
そしてその先に六所神社。
もうここも国道からドーンと鳥居。
しかもそのまま車も通れるという。

さらに。
01098_R
参道に鉄道がとおっているので地下道もあるという。

ここ車も通るんですが、あれだな、対向車きたら怖いな。この地下道の部分だけ一車線なんですよ。

01101_R
地下道を抜けると神社が見える。

なんつーか、どんだけ許容範囲が広い参道だよ!とツッコミを入れたくなるほど、面白い参道になっております。
まあそんなに長くはないですが。
これはこれで珍しくて面白い。
いかにも現代との文明との融合!という感じで好きです。

01107_R
神社はキレイで立派です。
この手の神社の池って濁りが酷いんですけど、ここは澄んでいて、錦鯉がほんとキレイで映えるというか。

01113_R
ほれ、ここの狛犬は蹴鞠も子狛犬もいない。
これがスタンダードだと思ってたんだがなあ。
狛犬にも地域性や神社の系統で違いがあるとは面白い。

そのあと二宮駅まで行き、本当はもっと見たい神社があったのだが、もう暗く断念した。